ファイナンシャルプランナー・気になる給料や年収、将来性について

人々の家計の悩みを解決し、ライフプランを提案するファイナンシャルプランナー。国家資格としても注目されているFPですが、一般的な給料や年収の額はどの程度なのでしょうか?この記事では、特にFPを目指す人のために、気になる収入や仕事の将来性についてご紹介します。

ファイナンシャルプランナーの年収はいくらぐらい?

ファイナンシャルプランナー 講座,ファイナンシャルプランナー 通信,fp講座,fp通信,ファイナンシャルプランナー

まずはファイナンシャルプランナーについての基本的な知識をおさらいしてから、FPの「お金」についての話をしていきましょう。

そもそもファイナンシャルプランナーとは

人生にはさまざまなイベントがあります。結婚、住まいの購入、出産、老後…人間はこのようなイベントを繰り返しながら生きていくのですが、それと同時に、それぞれが求めているライフスタイルを実現し、将来は「こうしたい」「こうなりたい」などの希望を叶えようとします。ただ、そんな希望を実現しようと思っても、常に頭を悩まされるのが「お金」のこと。希望を実現するためには、人生を設計することが大切です。私たちの夢や希望を聞いたうえで、それぞれの家計状況と照らし合わせて人生のプランを作成し、アドバイスしてくれる。ファイナンシャルプランナーは私たちの人生を、ファイナンスの面からプランニングしてくれる存在です。

ファイナンシャルプランナーの相談業務とは

ファイナンシャルプランナー 講座,ファイナンシャルプランナー 通信,fp講座,fp通信,ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーの主な業務は「相談にのること」です。顧客の目標や夢の達成を、家計状況やライフスタイル、資産、負債、保険などを考慮しながら総合的に分析し、長期的な視点でプランニングします。 ファイナンシャルプランナーの資格で扱える分野は決まっています。

ライフプランニング

ライフプランニングは、ローンや保険などの知識を用いて、将来の資金計画を作成し、顧客に提案する作業です。

資産運用設計

ファイナンシャルプランナーは、債券や株式投資、外貨取引などの知識も学んでいます。市場の動向なども考慮して資産運用の計画をたてます。

不動産運用設計

ファイナンシャルプランナーは、不動産の取得や売買に関わる法律や税などの知識も持ち合わせています。近年は、不動産の分野で働くファイナンシャルプランナーも増えてきました。

リスクマネージメント(病気や事故対策)

リスクマネージメントは、生命保険や損害保険などに関係します。ファイナンシャルプランナーは、各保険商品の特徴や関連法規についても学んでいます。

タックスプランニング

ファイナンシャルプランナーは、税金についての知識も持っています。税金は、金融商品、保険商品、不動産など、ほとんどすべてに関わりがありますので、ファイナンシャルプランニングの基礎と言える分野です。

相続と事業継承

ファイナンシャルプランナーの身につけるべき知識には、相続税や贈与税などの知識も含まれます。ライフプランニングにおいて、相続税のことや事業を継ぐことは、非常に大きなウエイトを占めます。

ファイナンシャルプランナーが行う主な相談業務

・家計管理
・老後のライフプランニング
・子供たちの教育資金
・年金
・住宅購入資金(住宅ローン)
・資産運用
・生命保険
・相続や贈与
・介護
などについての相談は、ファイナンシャルプランナーが日常的に行っている業務です。

ファイナンシャルプランナー資格を活用する

ファイナンシャルプランナーの資格、ファイナンシャルプランナーとしての知識は、さまざまな形で活用することができます。ファイナンシャルプランナーは、すでにご紹介したように、さまざまな分野のお金に関する知識を持っています。そのため、その知識の活かし方もさまざまなのです。

・企業に所属して活かす

現在、金融のフィールドでは多くのファイナンシャルプランナーが活躍しています。社内研修としてファイナンシャルプランニングを導入する企業も増えていることから、その重要性は増していると考えられます。また、金融以外のフィールドでも、たとえば不動産業界で活躍するファイナンシャルプランナーも増えています。そのほか、医療や福祉関係もファイナンシャルプランナーのニーズが高まっているフィールドです。

・独立して活かす

ファイナンシャルプランナーの資格は、独立して働くことでも活かすことが可能です。顧客への相談業務だけではなく、執筆や講演活動で多くのお金を稼いでいるファイナンシャルプランナーもいます。

・個人として活かす

ファイナンシャルプランナーの主な仕事は「相談業務」であることは間違いありませんが、ファイナンシャルプランナーとしての知識は、個人としても活かさない手はありません。自らのライフプランは自らで設計する。ファイナンシャルプランナーだけの特典と言えるかもしれません。

・就職活動に活かす

ファイナンシャルプランナーは、すでにご紹介したように、多くの企業に求められています。そのため、ファイナンシャルプランナーの資格を保有することは、就職・転職活動を有利に進める材料になります。

ファイナンシャルプランナーの給料と年収

ファイナンシャルプランナー 講座,ファイナンシャルプランナー 通信,fp講座,fp通信,ファイナンシャルプランナー

いよいよ本題の「ファイナンシャルプランナーの給料と年収」です。ファイナンシャルプランナーは、働き方も違うので、「いくらもらっている」と断定することはできません。企業に所属しているファイナンシャルプランナーの場合は、企業の給与体系により毎月の給料が決まるようです。通常の月給に加えて「資格手当」の形で1万円から2万円支払われることが多いようです。独立して働くファイナンシャルプランナーの場合は、知名度や経験により、それぞれ「相談料」などの名目で報酬を受け取っているようです。ファイナンシャルプランナーの年収は、働くスタイルにより200万円から1000万円と幅があります。

ファイナンシャルプランナーの将来性

ファイナンシャルプランナーは、すでにさまざまな分野から引き合いのある職業ですが、その将来も明るいと考えられます。

ファイナンシャルプランナーの需要

ファイナンシャルプランナーの需要は、ご紹介しているとおり、拡大傾向にあります。少子高齢化を筆頭に、社会には不安要素があふれています。このような社会不安は、家計に関する悩みへとつながります。そのため、税制や保険、資産形成まで幅広い知識を持つファイナンシャルプランナーを求める個人や企業が増えているのです。

転職や未経験採用について

ファイナンシャルプランナーの求人は、元々金融や不動産といったフィールドに多いものでした。もちろん、ファイナンシャルプランナーの肩書きが転職に活きることは間違いありませんが、現実的にはそれほどかんたんではありません。ファイナンシャルプランナーといえども、得意な分野、専門的な分野を作り、差別化を図ることは大切です。できれば自分の得意分野に関わるほかの資格、たとえば不動産を極めるのであれば「宅地建物取引主任者」などの資格を取得すると、強力に差別化することができます。

ファイナンシャルプランナーの将来性

ここまでご紹介してきたとおり、ファイナンシャルプランナーはお金について、幅広く知識を持っているため、将来はひじょうに明るいと言えます。経験を積み、専門分野の知識をより深めることで、評判を高めることができれば、独立型のファイナンシャルプランナーとして高い報酬を得ることも夢ではありません。需要も増加し、将来も明るい職業ではありますが、一つ重要なことは、ファイナンシャルプランナーになってからが本番だということ。資格を取得してからの努力が将来を決めると言っていいでしょう。